タイプ別脱毛と肌への影響~自己処理編~

ムダ毛処理とお肌への負担は切っても切れない?

お肌への負担をなくす方法は、もちろん何もしないこと。でも、毛が生えてくる以上はそうもいきません。
今回は自宅での毛の処理のメリットとデメリットをまとめてみました。

ムダ毛を剃る

カミソリ
○毎日のお手入れに手軽。腕や足など目立つ部分のお手入れに楽。
×お肌への負担は高め。カミソリの刃が肌に傷をつけてしまいます。カミソリ負けでかぶれることも。
剃ったあともブツブツが見えてしまうことも。

シェーバー
○毎日のお手入れに手軽。カミソリと比べて肌への負担が少ない
肌が乾いている状態でも使用することができる。
×カミソリよりも、毛の根元が残るような浅剃りになるため処理後も毛が目立つ。
手入れに時間がかかる

普段のお手入れをカミソリでやる人は多いのではないでしょうか?肌への負担が大きく、特にボディなどの普段から露出することが少ない部分のお肌は荒れやすいです。
特にワキを毛抜きで処理していて埋没毛になってしまうことが多く、他にもお腹や背中の産毛が気になってカミソリで自己処理をすると、肌が荒れてブツブツになってしまうことも。

ムダ毛を抜く

毛抜き
○抜いてしまえば剃り跡のブツブツが見えない。眉などのお手入れに向いている。
×広範囲のお手入れに向きません。
肌を引っ張る負担があることや、抜いたあとの毛穴に汚れが詰まって炎症になったり、
埋没毛の原因になることも。

ブラジリアンワックス
○抜いてしまえば剃り跡のブツブツが見えない。広範囲に使えるのでツルツルになる。
一気に抜くので一本ずつ抜くよりも負担が少ない
天然成分で作られているものが多く、自分でも作れるので変なものが入っていない。
×ワックスを剥がすときの痛みがある。
きちんとやり方を知らないと肌を痛めることがある。
毛穴が開くので、脱毛後のスキンケアを怠ると肌が荒れる。

その他

除毛クリーム
○カミソリと比べて剃り跡が自然になる。広範囲に使える。
×たんぱく質を溶かすことで除毛しているので、一緒に肌表面が溶け、肌への負担が大きい。

まとめ

自己処理はどうしてもお肌への負担を増やしてしまいます。
お肌の負担を考えれば、できればサロンで脱毛をしたほうがいいでしょう。

どうしても自宅で処理がしたい場合に一番お肌への負担が少ないのは、処理後に毛が目立ってしまうシェーバーです。
今だけ綺麗にしたいから、と言って肌を傷つけてしまうことは避けたいですね。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*