ネイルカラーが長持ちするためのコツとは

ネイルを長持ちさせたい

自分でネイルをしても長持ちしなかった事実が、ネイルをあまり楽しめなくなってしまった理由の方も少なくないでしょう。しかし、ネイルカラーが長持ちするためのコツは確かにあります。ネイルをより楽しみたいと思う方は頭に入れておいた方が良いといえます。

下準備を怠ってはいけない

ネイルカラーが長持ちするためのコツの基本中の基本となるのが下準備です。あまり長持ちしなかったという方は、下準備を怠っていた可能性もあります。

・まずは手を洗うのが大切です。
爪に油分が付いているとネイルが剝がれてしまう原因となる点を覚えておかないといけません。

・爪を磨くようにもしましょう。
爪に凹凸があるのも剝がれてしまう原因となります。
さらには、ネイルカラーを塗ったときにキレイなツヤ感が出ないようになってしまう恐れがあります!

・爪の形を整えるのも大切
短い爪は剥がれにくくて折れにくいです。爪の先を滑らかにしてできるだけ短くするのを意識しましょう。爪を補強してたわみなくすのも大切で、ネイルハードナーを塗るのが効果的です。下準備次第で長持ちさせることができるのは試してみれば分かるでしょう。

薄塗りと2度塗りが重要

いざネイルカラーを塗る上で重要になるのはまずは薄く塗ることです。そして、完全に乾いてから再度塗りましょう。

この薄塗りと2度塗りも意識していなかった方もいるはずです。
爪の先に極力塗らないようにするのもコツで、厚みが出てしまって剝がれてしまう原因になってしまいます。
地爪が透けてしまうのが嫌という方は、一度ベージュ系のネイルを塗った上でネイルカラーを塗るようにすれば問題ありません。

ネイルカラーを塗る前には固まっているか、粘り気がないかをチェックしましょう!
ネイルカラーにうすめ液を入れ、サラサラの状態にしておくと乾くまでの時間が短縮されます。速乾タイプのネイルは特に注意が必要で、そうでないものも開封すれば劣化していくのも忘れてはいけません。

塗った後は完全に乾くのを待つのが大切で、水を付けてしまうのは逆効果になる場合も少なくないです。
多くの方が長持ちをさせようとは思っているものの、実際には逆効果となることをしてしまっているのを覚えておかないといけません!

普段の生活でネイルを保護する意識を強く

ネイルカラーが剥がれてしまうのは消耗品なので、ある意味では仕方ないことですが、できるだけ剥がれにくい生活を心がけるのが大切です!

仕事柄ネイルが剥がれやすい方以外で、意図的に意識すべきはやはり家事やシャンプー時でしょう。
家事をする際には手袋を着用し、できるだけ爪先には負担をかけないようにするなどの心がけで大きく変わります。
シャンプー時には爪を立てないようにし、手袋もできるだけ着用した方が良いでしょう。こういった少しの工夫の積み重ねでネイルカラーが長持ちしていきます。

とはいっても、対策を重ねても不意の衝撃には勝てないものです…。

でも、剥がれやすいのは爪先であるからこそ、その爪の上半分を塗り重ねる手もあります。グラデーションが変わって新たな楽しみが見つかるかもしれません!

ネイルカラーが剥がれてしまったからそこで終わりという訳ではなく、カモフラージュする手もあるのを覚えておきましょう。
キレイなネイルを長くキープするためのコツは簡単なところにあります。独自の方法ではなく、基本手順を覚えて楽しみましょう!

まとめ

ネイルカラーが長持ちするためのコツはそう難しいものではありません。下準備に力を入れ、さらには薄塗りと2度塗りを徹底しましょう!
そして普段の生活でも、長持ちさせるためにはどうすれば良いかを頭に入れて生活するのが望ましいといえます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*